大阪文化賞

2013年度(平成25年) 大阪文化賞受賞者

片岡 愛之助(かたおか あいのすけ)
片岡愛之助
  • 分野
    歌舞伎
  • 受賞時職名
    歌舞伎役者 六代目 片岡愛之助
    上方舞楳茂都流四世家元・三代目楳茂都扇性
  • 受賞理由
    氏は、平成25年2月に、大阪松竹座で座頭として「二月花形歌舞伎」において、『GOEMON 石川五右衛門』および『新八犬伝』を上演されました。
    『GOEMON 石川五右衛門』では、自身もフラメンコを披露するなど、従来の歌舞 伎にはない大胆な手法を取り入れた新作上演で観客を魅了し、『新八犬伝』は、上方歌舞伎塾の卒塾生らによる「平成若衆歌舞伎」として初演したものを10年半ぶりに再演することにより、関西歌舞伎界が若い才能を育てようと取り組んできた成果を示す作品となりました。
    また、平成25年7月から放送されたテレビドラマ「半沢直樹」では、金融庁主任検査官役において、圧倒的な存在感を放たれました。
    このように、氏の活躍が上方歌舞伎塾の卒塾生をはじめ、若手の成長や刺激となり、一時期活気を失いつつあった関西歌舞伎の復活の原動力となっているとともに、歌舞伎を通じて大阪の文化を国内外に発信されており、大阪の文化振興への貢献は極めて大きく、ここに大阪文化賞を贈ります。

※各ページに記載の写真及び記事の無断使用・無断転載を禁じます。


検索