大阪文化賞

2015年度(平成27年) 大阪文化賞受賞者

松本 雄吉(まつもと ゆうきち)
松本 雄吉
  • 分野
    現代演劇
  • 受賞時職名
    劇団「維新派」主宰
    演出家
  • 受賞理由
    氏は、平成26年10月に、大阪市西区中之島GATEにおいて、自身が主宰である劇団「維新派」の公演『透視図』を構成、演出し、上演されました。
    『透視図』は、「水都大阪」のシンボル空間となっている中之島GATEに、役者、スタッフが自らの手で作り上げた特設舞台において、川面に映る高層ビル群の明かりを背景に行われました。約40人の役者たちが、「維新派」の独創的なリズムに乗せたセリフを発しながらストーリーを展開し、躍動的でスケールの大きな美しい作品となりました。
    また、氏は、昭和45年に劇団「日本維新派」(現在の「維新派」の前身)結成後、脚本・演出家として劇団を率い、「ヂャンヂャン☆オペラ」と名付けた関西弁を生かした独創的なスタイルを確立し、大がかりな特設野外舞台による作品を、国内外で公演し、海外でも高い評価を得ています。
    このように、氏の活躍は大阪の野外演劇を牽引し、演劇を通じて大阪の文化を国内外に発信されており、大阪の文化振興への貢献は極めて大きく、ここに大阪文化賞を贈ります。

※各ページに記載の写真及び記事の無断使用・無断転載を禁じます。


検索